男女

人気の一棟買いで不動産運用|効率の良い投資ナビ

古くからある不動産投資

マンション

全てを購入して管理と経営

一棟買いによる不動産投資は古くから行われている方法であり、マンションやアパートなどの投資用物件を丸ごと購入して賃貸経営をすることにより利益を得ます。一棟買いは高額の費用が必要になることから不動産投資ローンを利用するのが一般的です。ローンの返済を行うのに十分な家賃を獲得して長期的な返済を行っていくことになりますが、返済が終わればその家賃が全て収入になるでしょう。一棟買いの場合には部屋の数が多いのが特徴であり、収入額も飛躍的に大きくなるのが魅力的な点です。一棟買いをしたときの不動産投資の仕組みとして理解しておきたいのが、部屋だけでなく物件の周辺まで全てを購入しているということです。賃貸経営をする際には空室をできるだけ減らすことが重要になり、一棟買いをして部屋の数が多い状況では空室対策の充実度が収入の大きさに直結しやすいでしょう。しかし、一棟買いの場合には部屋そのものへの設備投資や家賃設定などによる空室対策だけでなく、周辺部分に手を加えて物件全体の価値を高めて空室対策を行うことができる特徴があります。部屋だけを購入したときとは経営の仕組みが異なる点なので留意しておくに越したことはありません。管理業務が物件全体に及ぶため、手をかけられる部分が広いのが一棟買いであり、大規模修繕を行ったり、新しい設備の設置をしたりして魅力的な物件に作り変えることもできるのです。建物のある土地そのものも利用できるので活用することを念頭に置いておくとさらに空室対策の幅が広がります。